極端に土地が狭い

公開日: |最終更新日時:

狭小地(狭小住宅)ってどういう物件?

居住範囲が狭く、隣家との距離が近い

狭小住宅は20坪以下の狭小地に建てられた物件で、一般的な戸建て住宅よりも居住スペースが狭くなっています。

生活に必要な空間を確保するため、多くは地下室を設けたり3階建てにしたりと工夫されているのが特徴です。

家と密接しており採光性や通風などに難があるケースが多く、騒音やプライバシー問題などのリスクも高め。ただし都市部は土地の価格が高いことから、あえて狭小住宅を選ぶ方もいます。

土地代や税金を安く抑えられる

狭小住宅の大きなメリットが、土地代や税金が安いこと。立地や築年数などが同じなら、狭小地のほうが土地代は安くなります。

土地面積や住宅の小ささから、不動産取得税や固定資産税、都市計画税などの税金も通常より低い金額です。

また、外構工事が必要な箇所が少ないこともあり、工事費用もそうかかりません。予算を重視する方にとって、狭小住宅は利点の多い住まいといえます。

収納や駐車スペースが不足しがち

面積が狭く縦にスペースを広げる狭小住宅では、収納や駐車スペースを確保するのが困難な場合も。そのため、地下室やビルトインガレージを作る必要が出てきます。

広い収納や余裕のある駐車スペースが必要な方には向いていない物件といえるでしょう。また、敷地が狭いため庭を設けることも不可能。

エリアによっては法律上の制限がかかるところもあり、自由度は低めな印象です。

狭小住宅の売却価格が下がる理由

利用する用途が限られる

狭小住宅の中でも、間口が狭い、奥行きが長いような土地は用途が限られてしまうため、売却時の価格が安くなりやすいようです。

また、正方形や長方形であれば家以外にも利用しやすいのですが、三角形や台形などの変形地やがけ地だと建築コストの関係もあり、売却価格を下げられがち。

もし売りたい不動産が変形地やがけ地にある狭小住宅だとすると、一般的な狭小住宅よりも値段が低くなる可能性があります。

家の機能性が下がりやすい

狭小住宅は隣家との距離が近く、敷地面積が狭いところだとほとんどくっついているといっても過言ではありません。

そのためメンテナンスがしにくく、点検や細部の改修などを行うのが難しくなっています。メンテナンスをしないままだと住まいはどんどん劣化、買い手が付かない状態に。

購入後に建て替えをするにしても、費用が余分にかかってしまいます。特に3階建て以上は縦長で細い家になるため耐震性が低くなります。

リフォームや建て替えの費用がかかる

再建築不可物件は建て替えができないため、リフォームでの再生のみ可能です。内装や外壁はキレイにできても、骨組みや軸などはそのままになるので、査定金額はどうしても下がってしまいます。

更地の場合はそもそも新しく建てられないので、用途が限られてしまうのも減額の理由といえるでしょう。

また、既存不適格物件は建て替えが必要で、もともとの住居よりも小さな住宅しか建てられないので減額されるようです。

狭小住宅対応の会社を探そう

狭小住宅や狭小地を高く売るなら、取り扱っている土地や物件の種類が多い会社を探すのが良いでしょう。

また、住宅ローンが組みにくい既存不適格・再建築不可の物件なら、自分であれこれせず不動産売却会社にお任せするのがおすすめ。ただし会社選びは入念に。

悪徳業者に依頼してしまうと、査定金額で足元を見られる可能性が高まります。買い叩かれないよう、良い会社を見極めて依頼しましょう。

30秒で分かる!
あなたに最適な売却方法を調べてみる

【あなたに合った売却方法で選ぶ!】
八王子市でおすすめの不動産売却業者
をチェック!

八王子市の
おすすめ不動産会社

八王子市でおすすめの不動産会社を仲介と買取で1社ずつ紹介します。
【選定基準】
八王子市内に拠点のある不動産会社の中から
買取…現金化までの日数を明示しており、なおかつその日数の短い会社
仲介…不動産取扱件数の多い会社
を選定しました。
(2020年9月調査時点)

住地ハウジング

住地ハウジング 更新用

引用元:住地ハウジング公式HP
https://juchi-h.co.jp/

急ぐ人に嬉しい、即日
現金化(※)

住地ハウジングでは、現金化を急ぐ人の多い不動産買取において、スピーディーな対応を心がけています。
査定額に納得し、スムーズに契約が進めば、最短で即日現金化に対応してもらえます。
※即日現金化は一部手付金の場合も含まれます。

住地ハウジング
公式HPで無料相談

電話で問い合わせる
営業時間 9:30~19:00

三井のリハウス

三井のリハウス公式HPキャプチャ

引用元:三井のリハウス公式HP
https://www.rehouse.co.jp/

不動産取扱件数No.1(※)

三井のリハウスは、三井のリパークと累計した実績で、年間の不動産取扱件数が全国No.1。(※)
全国で一番不動産仲介を行っているため、リーチできる買い手の数が多く、早期での不動産売却が見込めます。
※情報参照元:住宅新報 18年度 売買仲介実績

三井のリハウス
公式HPで無料相談

電話で問い合わせる
営業時間 10:00~18:00